Where is your progress?

進捗どこでしょう

170623

相変わらず公私関係についての論文や本を読んでいる。

昨日の研究会で自分が政治機構内部について興味を持っていないことを改めて確信し,同時にその理由が分かった。

 

政治機構内部のパフォーマンスとか委任責任関係とか,さらに言えば民主主義度とでも言えばいいのか,そういうものが向上して本当に社会は良くなるのかがよくわからない。

数か月前呆けた頭に浮かぶままに口にした立場は今も変わっていなくて,民主主義じゃなくても世の中の人々が幸せに思っているのならそれで構わないんじゃないかという。

どうやら今は民主主義が一番それを叶えてくれるようだから暫定的に民主主義を支持せざるを得ないけれど,あくまで民主主義というのは手段に過ぎなくて,目的ではない。

 

という己のスタンスを整理したうえで,さて修論をどうするかだ。

行政が社会にどう影響を及ぼすのか,さらに行政と社会をひっくるめた非家庭が家庭をどう扱うのかが知りたい。

でも知りたいのはその「効果」ではなく,「理由」だ。

 

政策過程論に突っ込みすぎるとなんかあばばばばばってなるような感じがしているのだけれど。あばばばばっていうのは,自分の見たい公私関係というものがうまく見られないという懸念。

でもジャンルとしては政策過程論なのだと思うけれど。

 

ああああ。

数日前の文章を見直して我ながらいけるなどと思ってしまい,他方数週間前の文章を思い出してあの支離滅裂さにただただ心が沈んでいく。

無理だな。

広告を非表示にする

170621

どうせ通らないだろうと思っているけれど出すべきものを出した。

文字の大きさや余白,文字数・行数に指定があったので勉強も兼ねてLaTeXをいじったが,けっこう大変だったし,うまくいかなかった。

うまく行かなかった点は次の3つ。

 

1. 余白と文字数・行数の調整

余白についてはgeometryパッケージを使った。のだけれど,jarticleとjsarticleとで挙動が異なって困った。

結局pLaTeX+jarticleを使うことにして,横の余白と文字数については解決。

 

だけど,縦については結局指定の行数・余白をオーバーしてしまった。

→今よく見たら行数の指定外したままだった。つらい。

 

一応設定メモ。

\documentclass[11pt,a4paper]{jarticle}

\usepackage[left=20truemm,right=20truemm,top=20truemm,bottom=20truemm]{geometry} %余白20mm

\setlength{\textwidth}{Xzw} %一行X文字

\setlength{\textheight}{Y\baselineskip}%一頁Y行

 

素直にLibreofficeを使えばよかったなあと思う。

 

2. 文字の大きさ

11pt指定だったのだけれど,texのフォントサイズは普通のWordとかより小さめなのは知ってたので色々頑張った。

だけれども,だけれども…。

 

\fontsize{11.041pt}{16.562pt}\selectfont

をプリアンブルに置くか本文中に置くかで結果が変わるのはなぜなんだ。

フォントは本当にいじらないのが正解であることよ。多分。

 

3. nissya_bib使えなかった

これはさっき解決した。

単にnissya_bib関連のファイルをC:\texlive\texmf-local\tex\latex\localに置くだけではなく,

C:\texlive\texmf-local\bibtex\bst\localにも.bstファイルを置く必要があったらしい。

今までは\texlive\2015の中に自分で入れたパッケージを突っ込んでたので,気が付かなかった。

 

 

とりあえず,もうしばらくtexをいじるのはやめよう…。

資料を提供してくれるところを何とか探して凸しなくては。

 

ひたすら雨。

広告を非表示にする

170618

進捗どこでしょう。

ものすごく使いたかった資料の利用ができないみたいでわりとつらい。

 

報告できる内容がまだ詰まっていないのに報告要旨を書く遊び。

 

最近は民間福祉団体と行政のかかわりについて調べている。

なんで今までこれを知らなかったんだろうということに出会うことが多くて,この一年間何をしていたのだろうと落ち込むことが度々あった。

だけど,去年の私は従属変数についてひたすら調べていて,今の私は独立変数についてやっているんだなあと思い至った。そう嘆くこともない。

まあ今想定している独立変数とメカニズムが的外れなものだった場合,目も当てられない事態になるのだけれど…。

いやはや,どうなることやら。

 

面白いのは,HoodとかSalamonとかLipskyとかすこな行政学者たちがこの公私関係を扱っていること。

うん,自分の研究はちゃんと行政学類似行為になる,はず。そして政策過程論類似行為にもなるはず。

まずは報告要旨類似行為を終わらせますか…。

 

TODO

* 報告要旨書く

* Salamon

* Hood

* 資料整理

広告を非表示にする

170615

うおー。って感じ。

アルバイトをしよう。

広告を非表示にする

170614

無事(?)論文報告が終わった。

そしてついに自分の名前のtexパッケージを作った。

これでようやく太ゴシック下線付きが一発で出力できるようになる…あと1ヶ月前に気が付いていればよかった…悲しい…。

あと諸々のパッケージもまとめた。これで文書がすっきりするはず。

組版オタクと化していけ。

 

先生に推薦人になってもらう許可ももらったし,あとは本文を書くだけだな!!!!

広告を非表示にする

170612

10時半チャレンジ。不眠の復活がつらい。

レジュメ作って,tkgw先生アッピ用の資料作って,来週末の研究会までに軽く報告できるような進捗を生みだして,あああ。

まずはレジュメ。そしてアルバイト。

 

texlive2017をインストールしても源の角アレが使えなかったのがつらすぎる。

 

TODO

* レジュメ前半

* 法図返却

* 宅急便受け取り

* 水餃子

広告を非表示にする

170609

11時チャレンジ。ねむい。

昨日はopen typeフォントとtrue typeフォントに苦しめられた。

opentypeフォントpLaTeXできないっぽい?

源真ゴシックならぬ源真明朝ができればいいのだと思うけど…。

フォント問題に通算するとかれこれ丸一日以上使っている気がしなくもない。

とりあえずipaexとmigmix-2pでしばらく生きていこう…。

 

でもできれば設定したい…。

 

まあいいや。

 

TODO

* バイト問題作成・入力

* レジュメ作成

 

---

(追記)

どうやら数日前にリリースされたTeX live 2017では簡単に源の角系が使えるようになったらしい。

アップデートするべきか否か悩みますなあ。

 

 

 

 

広告を非表示にする